満龍の歴史

 昭和46年6月、札幌市中央区大通りに「味のデパート恵比寿」で創業。その後、月寒店、北30条店、白石店と開店(現在は全て閉店)
 昭和55年4月に「元祖さっぽろラーメン横丁」に出店。すすきのへ南6条店、駅前通り店、南5条店と出店を増やしました。
 昭和62年に満龍(株)へ社名変更し、すすきのに店舗を集約(4店舗)させ、地元の皆様の信頼を得て、「出前は満龍」「飲んだ後は満龍」と言われ、大盛況でした。現在は駅前通り店、南5条店の2店舗営業しています。


満龍の歩み
昭和46年6月 株式会社 恵比寿 設立(現 満龍)
昭和55年4月 ラーメン横丁店 開店
昭和62年7月 満龍株式会社に社名変更
昭和63年8月 本社移転(現:札幌市中央区南7西4)
平成4年10月 東急バス株式会社とFC契約
平成5年 7月 FC網島店 開店
平成6年 6月 南5条店 開店
平成6年10月 FC恵比寿店 開店
平成8年 8月 駅前通り店 開店
平成10年4月 FC港北東急店 開店
平成15年 6月 イオン苗穂店 開店
平成21年 1月 FC宮崎台店 開店
平成21年12月 イオン発寒店 開店
平成22年11月 イオン手稲山口店 開店
平成24年  現在に至る

創業当時からの製法を変えず、職人の手作りを大切にしてさっぽろラーメンの伝統を守っております。


92年頃からTV・雑誌などマスコミで、「本場さっぽろラーメン」の老舗店として取り上げられはじめ、すすきの地区の店舗は大盛況でした。特にラーメン横丁は観光客が殺到し、連日、行列ができていました。

TV東京が「日本ビッグスペシャル・ラーメン日本一決定戦」として1992年2月にテレビ放映し、期間中売上げ一位の満龍が優勝いたしました。

平成4年、東急バス株式会社とFC契約。
株式会社東急グルメフロントにて全国展開中。

 すすきの以外の郊外店舗出店を計画し、平成15年6月、イオンモール札幌苗穂1Fに出店。レトロな雰囲気で好評でした。

 平成21年6月に店舗改装に伴い、2FフードコートにリニューアルOPEN。様々なお客様にご利用しやすくなり、人気を得ましたので、平成21年12月イオンモール札幌発寒3Fフードコート。平成22年11月イオンSuc手稲山口1Fフードコートと出店OPEN致しました。

現在、札幌市内4店舗 スタッフ一同、ご来店お待ちしております。

オンライン出前

※札幌中央区一部の地域のみ対応

満龍オンラインショップ

満龍のお得な情報

お客様の声

Twitter

メール会員募集



ページトップへ
Copyright© 2017 満龍株式会社 All Rights Reserved.